予防接種

予防接種とは

予防接種

当院では成人向けの予防接種として、インフルエンザと肺炎球菌の皮下注射によるワクチン接種を行っています。
なお稲沢市では、高齢者のインフルエンザと肺炎球菌の予防接種は費用の一部を助成する定期接種としています。

詳細につきましては、稲沢市の公式ホームページをご覧ください。

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症です。飛沫感染や接触感染によって同ウイルスに感染すると1~2日ほどの潜伏期間を経て、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れるようになります。さらに風邪の症状(鼻水、咳、のどの痛み など)もみられます。

また小児では、けいれんや中耳炎、まれに急性脳症の症状が、高齢者や基礎疾患をもつ方では、肺炎を併発することがあります。

インフルエンザワクチンについて

手洗い・うがいをこまめにするなどインフルエンザの予防対策は様々ありますが、とくに有効とされているのが、インフルエンザワクチンの接種です。ただし、単に接種をすれば良いだけではなく、実は接種する時期も大事なのです。

具体的に言いますと、日本でインフルエンザは例年12月~翌3月頃に流行します。また1回の接種による持続効果期間が約5ヵ月であること、接種後に効果が出るまでに約2週間かかることなどを考慮して逆算すると、遅くとも12月中旬頃までに接種するのが最も効果的と考えられます。

また、インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行します。そのためインフルエンザワクチンの予防接種は毎年行う必要があります。

インフルエンザワクチン料金表
年齢 料金(税込)
成人(13歳以上) 調整中
小児(1歳以上、13歳未満) 1回目 調整中
2回目 調整中
65歳以上 調整中

肺炎球菌とは

細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に侵入して感染し、炎症が起きている状態が肺炎です。肺に病原体が入ることは珍しいことではないのですが、全身の免疫力が低下すると感染し、発症しやすくなります。とくに高齢者の方や基礎疾患を持っている方などによく見受けられ、治りにくいのが特徴です。

主な症状は、38℃以上の高熱、激しい咳・痰、呼吸困難、胸痛などです。また高齢者になるほど肺炎の発症は生命に影響しやすく、肺炎でお亡くなりになる方のうち実に95%以上の方が65歳以上と言われています。

肺炎球菌ワクチンについて

肺炎には様々な病原体があるのですが、その中で最も多い原因菌が肺炎球菌で、成人が発症する20~40%の肺炎は、この菌によるものとも言われています。そのため、肺炎球菌ワクチンを接種すれば、肺炎球菌による肺炎感染症にかかりにくくし、万一感染しても重症化するリスクを低減させる効果も期待できます。
なお、インフルエンザワクチンの接種と併せて行うと肺炎予防をさらに強化することができることから、これらの併用接種も推奨されています。

先にも触れましたが、稲沢市は高齢者の肺炎球菌ワクチンの接種が定期接種なので、費用の一部が助成されています。ただ、高齢者の方すべてが定期接種の対象ではありませんので、詳細は稲沢市の公式ホームページをご覧ください。

※肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

肺炎球菌ワクチン料金表
年齢 料金(税込)
64歳以下 調整中
65歳以上 調整中
その他の自費ワクチン
自費ワクチン料金表
ワクチン種類 料金(税込)
肝炎ワクチン 調整中
ムンプスワクチン
(おたふく)
調整中
帯状疱疹ワクチン
(50歳以上)
調整中
麻疹風疹混合ワクチン 調整中
ロタウイルスワクチン(5価/4週間おきに3回接種) 1回 調整中
ロタウイルスワクチン(1価/4週間おきに2回接種) 1回 調整中